伊都国女王卑弥呼 >水行十日陸行一月



水行十日陸行一月





「南至邪馬壱国女王之所都水行十日陸行一月」と書かれていますが、 「水行十日陸行一月」を説明する為に、 「邪馬壱国女王之所都」を取り上げてみたいと思います。

伊都国女王卑弥呼では既に、(図1)「邪馬壱国の女王の都」と解釈していますので、

直前の「南至」は「邪馬壱国の女王の都」までの方角ですから、 帯方郡から「南至」「邪馬壱国の女王の都」までです。

直後の「水行十日陸行一月」は「邪馬壱国の女王の都」までの 所要日数ですから「邪馬壱国の女王の都」まで「水行十日陸行一月」です。

何度も書いてきましたが「邪馬壱国の女王の都」の「女王の都」は 陳寿が何度も書いた「女王国」ですので、その「女王国」「世有王」と書かれた伊都国です。

これを置き換えると 帯方郡から南にある女王国=伊都国まで水行十日陸行一月という意味になります。

伊都国が海に面している立地条件から「水行十日」は 少なくとも玄界灘のことですから帯方郡から「陸行一月」は 朝鮮半島を「陸行一月」としか考えられません。

ここで少し勘がイイ人だと「水行十日陸行一月」は出発地が帯方郡だと 順序が違うんじゃないかと考えると思います。

結論からいうと伊都国に行くには絶対に海を 渡らないといけないので、 陳寿は「水行十日」の結論から先に書いたと思います。

また投馬国についても「陸行一月」が省略されていると思いますが、それは邪馬壱国と投馬国だけが 同じ日数表記になっていることと、 陳寿が日本が島国であるということを認識し、島に渡るには朝鮮半島南端から船に乗るという 暗黙の了解のようなものが無意識にはたらいたのではないかと思います。


伊都国を見る
伊都国を見る