伊都国女王卑弥呼 >親魏倭王



親魏倭王



金印といえば有名なのは志賀島の「漢委奴国王」ですが、 もちろんもう一つの金印といえば、女王卑弥呼がもらった 「親魏倭王」とされる金印です。ご存知のように「女王国」 は伊都国であると考えているので当然この「親魏倭王」は 伊都国のどこかにあると確信しています。

わかりやすい のは女王卑弥呼の墓が 平原遺跡 と考えているわけですから、 一緒に出土すれば分かりやすかったのですが、そうは 甘くないようです。また「親魏倭王」という金印が女王卑弥呼の後の 男王や壱与が引き継いだことも可能性としては否定できません。 では伊都国のどこにあると考えられるのでしょうか?。

まず考えられるのは井原、三雲等の伊都国の中心と考えられる 地域です。ここは小さな川に挟まれていて、 川自体が要塞として機能し、また溝が掘られ 吉野ヶ里のように敵から守る構造になっており王が居るには ふさわしい場所です。 また女王卑弥呼は王となった後、人々の前には姿を現さなかったと されています。ということは地形でいえば平地とは 考えにくく、山や丘のような場所が考えられます。

平原遺跡の近くの曽根丘陵や、高祖山、王丸山、井原山 あたりも考えられます。 また別に述べていますが、私は 平原遺跡 の被葬者は豊玉姫と 考えているので、豊玉姫そのものが祭られている 志登神社 がその場所かもしれません。

志登神社は志登にある神社ですが、この西隣の潤からは潤地頭給遺跡 (少なくとも弥生中期から) があり、古代の船の一部、西新式土器(卑弥呼の時代と考えられている)、 松江市玉湯町産の碧玉が発見等、 また逆に島根県中野清水遺跡で伊都国産の土器が出土した等。 伊都国の中心部である三雲や井原の地域とは 違った特徴がある。

また親魏倭王に限らず、女王卑弥呼の 使者は銀印をもらっています。これももちろん伊都国から 出土するでしょう。


伊都国を見る
伊都国を見る