伊都国女王卑弥呼 > 女王国の東




女王国の東


女王国東渡海千余里復有国皆倭種


女王国」を伊都国と置き換えると「」に海を渡った所にある国は本州最西端の下関である。

これを考察すると「千余里」という距離が出てくるけどこれは伊都国と下関の距離が 80キロ位なので問題はないでしょう。気になるのは千里が海の長さなのか 「女王国」と「復有国」の距離なのか?だけど、距離の主体が何なのかと考えれば、 後者の「女王国」と「復有国」の距離だということは分かると思う。

百歩譲って海の長さだとしても伊都国と下関は共に海に面していて距離は変わらない。 次に「」という方角が気になるけど、これもよく考えてみたい。 魏志倭人伝には何度も方角がでてくる。


対馬から壱岐の方角は「」と書かれているが実際は南東にある。

壱岐から唐津の方角も、「」と書かれているが実際は南東にある。

唐津から伊都国の方角も、「東南」と書かれているが実際は東にある。

伊都国から奴国の方角も、「東南」と書かれているが実際は東にある。


すべて時計回りに45度ずれて書かれている。 つまり実際の方角は反時計回りに45度戻してみるといい。 だから「女王国東渡海」の「」は実際には北東の方角だったと考えられる。

復有国」は伊都国から北東の方角で海を渡り千里の距離にある所 の3点が条件の下関です。下関はもちろん本州最西端にありますが 下関が方角、海を渡る、距離という条件を満たしているので、 同時にその基点となる「女王国」は伊都国だと思います。

陳寿は「女王国東渡海千余里復有国皆倭種」として 対馬海峡以来の海の表記をした上で 三十国以外の倭人の国を「倭種」として紹介しています。

女王国」である伊都国から千里離れた所に位置し海に隔たれ、 この三十一番目に登場する国は「復有国皆倭種」とし、 「倭人・・・・・三十国」とは別にまた「倭種」の倭人の国がありますよ、と紹介しているのです。


伊都国を見る
伊都国を見る